メタバース

【初心者向けに分かりやすく解説】メタバースの始め方を徹底解説|注意点や将来性も紹介

※アフィリエイト広告を利用しています

 

もっさん
メタバースってよく聞くけど実際にどうやって始めたら良いか分からない。本当に稼ぐことが出来るの?

 

今回は、こんな悩みを解決していきます。

 

2022年に三菱総合研究所が出したレポートによると、メタバースは市場規模が2025年に4兆円となり、2030年には24兆円までに拡大すると言われています。

参考文献:https://newspicks.com/news/7877768/

 

もっさん
先行者利益を得るためには、知っている人の少ない今がチャンスです!

 

この記事を最後まで読めば、完全初心者からでもメタバースでゲームを楽しむことが出来るようになり、やり方次第では、お金を稼ぐこともできます。

ぜひ最後までみていってください。

 

この記事のポイント

メタバースとはインターネットにある仮想空間

日本と海外の仮想通貨取引口座を開設する必要がある

メタバースを実際に楽しむ

 

メタバースを楽しむためには、仮想通貨口座の開設が必要です。先に新規口座登録だけ済ましておきましょう。

 

\今だけ口座開設で2000円もらえるキャンペーン中/

 

新規口座開設はこちら↓

様々な手数料が0円!暗号資産なら【DMM Bitcoin】

 

※公式リンクに移動できます。

DMMBitcoinの口座の開設方法については、こちらの記事を参考にしてください。

【2000円もらえる】DMMビットコインの口座開設のやり方を徹底解説!【簡単5分】

続きを見る

 

メタバースって何?

メタバースについて全く知らないという方に、メタバースについて解説します。

メタバースとは、仮想空間を使ったサービスのことです。

 

Web上に開かれ、現実世界にいながらも仮想空間にいるかの様な体験ができる3次元の仮想空間のことを言います。

「あつまれどうぶつの森」、「マインクラフト」、「Fortnite」、映画の「サマーウォーズ」などもその一つです。

 

メタバースは、稼ぐことが出来る

メタバースが注目されるようになった経緯は、「テクノロジーの進化」と「仮想経済の成長」にあります。

 

テクノロジーの進化

VR(仮想現実)やAR(拡張現実)の技術が進化して、リアルタイムで複雑な3D環境を生成出来るようになりました。これにより、ユーザーが自由に探索できる仮想空間が可能になりました。

 

仮想経済の成長

デジタルアート(NFT)や仮想商品の取引が増え、仮想空間での経済活動が活発化しました。これによってメタバースが新しい稼ぐ手段として注目されるようになりました。

メタバースの国内市場規模予測

 

矢野経済研究所の調べによると、市場は伸び続けていくことが予想されています。

参考文献:https://monoist.itmedia.co.jp/mn/articles/2209/22/news056.html

 

もっさん
今のうちに少しでも触れておくと先行者利益を得れる可能性が高いです。

 

メタバースを実際に始めるにはどうしたらいいの?

 

もっさん
メタバースについて分かったけど実際にどうやって始めたら良いの?

といった方に向けてここからは、実際にメタバースを始める手順を解説します。

 

メタバースを始める手順は、下記の5ステップに分けられます。

 

 

難しく感じますが、手順を間違わなければ簡単にできます。

それぞれ順番に解説していきます。

 

ステップ1:国内の仮想通貨取引用の口座を開設する

 

メタバースを始めるためには、仮想通貨が必要になります。

 

おすすめは国内取引所の中でも手数料の安いDMM Bitcoin がおすすめです。今なら2000円が無料でもらえるキャンペーン中です。

DMM Bitcoin の口座開設には、時間がかかるので今のうちに取引口座だけ開設しておきましょう!

 

↓下記のリンクからDMMBitcoinの公式リンクに移動できます。

様々な手数料が0円!暗号資産なら【DMM Bitcoin】

 

【2000円もらえる】DMMビットコインの口座開設のやり方を徹底解説!【簡単5分】

続きを見る

 

ステップ2:口座に日本円を入金して仮想通貨を購入する

 

もっさん
日本国内で口座を開設したら、口座に日本円を入金して仮想通貨を購入していきましょう。

 

DMM Bitcoinから入金して仮想通貨を購入するためには、以下の記事を参考にしてください。

 

【画像付き】初心者向けに分かりやすく解説-DMMBitcoinでイーサリアムを購入する方法

続きを見る

ステップ3:海外の仮想通貨用の口座を開設して、専用のコインを購入する

 

もっさん
国内の仮想通貨取引口座を作ったのに、海外の口座も必要なの?

このように思う方もいらっしゃるかもしれませんが、理由は下記の2点あります。

✔️メタバースで必要になるコインは、国内の仮想通貨取引所では購入が出来ないから

✔️メタバースで必要なコインは、仮想通貨で換金する必要があるから

 

そのため国内の仮想通貨取引所で購入した仮想通貨を使って、海外の仮想通貨取引所で専用のコインに換金するという手順を踏む必要があります。

オススメな海外の仮想通貨取引所はbybit(バイビット)です。今ならプレゼントがもらえるキャンペーン中です。

ステップ4:コインをメタマスクに送金する

 

メタバースで使用するコインを入手したら、次はメタマスクに送金します。
もっさん

 

メタマスクとは、仮想通貨を管理するウォレットと呼ばれるものです。ウォレットにはさまざまな種類がありますが、メタマスクが使いやすくオススメです。

 

メタマスクは、口座開設の様な手続きはないため無料で簡単に作ることができます。Chromeの拡張機能をダウンロードするだけで終わります。

 

Meta Mask(メタマスク)の登録方法|仮想通貨の送り方を徹底解説

続きを見る

ステップ5:メタバースとメタマスクを連携する
もっさん
続いてメタバースと拡張機能としてダウンロードしたメタマスクを連携していきます。

 

これはメタバースの中で、メタマスクを使うために必要な作業です。

 

メタバースによってやり方は異なりますが、口座開設に比べると簡単な作業で終わります。

 

基本的には、メタバースプラットフォームのトップ画面から設定をクリックして指示に従って必要情報を入力すれば完了します。

これで、メタバースを始める準備は完了です。

 

メタバースを実際に楽しむ

 

もっさん
ここまで準備が出来たら、実際にメタバースを始めてみましょう。

 

メタバースでは、VRゴーグルが必要なものや本格的なNFTが必要なものなど様々です。

今回は、初心者におすすめの人気のあるメタバースのプラットフォーム以下の3つを紹介していきます。

✔️The Sandbox(ザ・サンドボックス)

✔️Decentraland(ディセントラランド)

✔️Everdome(エバードーム)

 

The Sandbox(ザ・サンドボックス)

 

TheSandbox(ザ・サンドボックス)公式サイト

TheSandbox(ザ・サンドボックス)は、ダウンロード数4000万回月間アクティブユーザー数が100万人を超えているプラットフォームです。

マインクラフトのような世界で、オリジナルのアバターを使いプレイヤーと交流することができます。

 

例えばTheSandboxでは、LANDと言われる土地をレンタルしたり売買したりすることで収益を得る方法があります。

 

Decentraland(ディセントラランド)

 

Decentraland(ディセントラランド)公式サイト

Decentraland(ディセントラランド)では、参加者が自由にコンテンツを作ることができます。

 

Decentraland(ディセントラランド)は2020年にリリースされゲーム内の「LAND」という土地を売買することで稼ぐことができます。

さらに「パーセル」と呼ばれるLAND内の区画をカスタマイズしてコンテンツやアイテムを作成することができます。

もっさん
簡単な登録だけで、始めることができます。

 

Everdome(エバードーム)

 

Everdome(エバードーム)公式サイト

Everdomeは、宇宙空間をテーマにしたメタバースです。過去には、青汁王子から紹介されたこともあり現在でも人気のあるプラットフォームです。

 

Everdome(エバードーム)で稼ぐには、「NFTの売買で利益を得る」「Everdome内で使う$Domeという仮想通貨のステーキング」「メタバース内で商品を販売する」という方法があります。

 

まとめ

この記事がメタバースを始めるための参考となれば幸いです。

自分の好きなメタバースを見つけて、楽しんでみてください。

 

もっさん

AI系発信者、ブロガー(27)、横浜市在住|SNS総フォロワー1万5000人。AIツール、ChatGPTを使いこなす人。 AI・資産形成・副業の情報をお届けしているブログです。 □記事の中で分からないところがあれば、ツイッターかインスタで気軽に聞いてくださいね。

-メタバース